令和6年5月26日 京都講演会のお報せ

ICD・CRT-D患者・家族の皆様へ

拝啓

桜花爛漫の候、毎々格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

当会はICD患者が中心となって、2000年より任意団体として京都で発足しました。これまでも難しい局面がありながらも継続してこれたのは、ICD患者・家族の会員皆様と医師、医療関係者、ICD医療機器メーカー等の皆様のご理解とご協力の賜だと日々感謝しております。2005年4月にはNPO法人となり、患者・家族、一般市民の方々に対して、講演会や交流会、厚生労働省、内科府、警察庁へ要望、意見交換を実施し、活動の範囲を全国に広げております。ここ数年は新型コロナの影響がありましたが、講演会を緊急事態宣言、蔓延防止の中でも全国で開催し、新たに南九州地区他でも講演会を実施致しました。今年度、全国総会と特別講演会を東京から特別講師として合屋雅彦先生を招聘し、京都、大阪のお二人の先生と、奇跡の復活を遂げられたICD元患者元理事Y氏の四名にて京都タワーホテルで開催致します。講演会ではICD患者およびCRT-D患者にとって、たいへん有益なテーマでお話をしていただける、貴重な機会ですので、お時間の許す限りご出席くださいますよう、ご案内申し上げます。ご不明な点がございましたら、電話またはメールにてご質問ください。

敬具

特定非営利法人 日本ICDの会
理事長 藤田竹思良


~記~

日時   令和6年5月26日(日曜日) 13時~16時
                      
場所   TKPガーデンシティ京都タワーホテル2階会議室
     (京都府京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町721-1 電話:075-342-1533)

京都駅(中央口)徒歩2分、会議室まで直接お越しください。

講演内容

演題:

国立循環器病研究センター心臓血管内科部門不整脈科 医長 石橋耕平先生 講演
     『ICD.CRTDをとりまく問題について』

日本ICDの会元理事 YAさん 特別 講演
     『
ICD患者から心臓移植 無事の生還

三菱京都病院心臓内科部長 加藤雅史先生 講演
     『カテーテルでできる最新の治療、人工弁植込み、大動脈ステントグラフト、左心耳閉鎖

国際医療福祉大学三田病院不整脈センター部長 教授 合屋雅彦先生 講演
     「ICD患者が最も知りたい、知ってほしいこと、不整脈治療の近未来

質疑応答、意見交換

参加申込み方法

お葉書、お電話、FAX、eメール、いずれかの方法令和6年5月21日(火曜日)までにお申し込みください。お申込みの際、ご住所・ご氏名・お電話番号・ご参加人数をお伝えください(会場設営の段取りもございますので同伴者がいらっしゃる場合はその人数もお願いします)。本講演会のパンフレットはこちらよりダウンロードできます

◎TEL :  090-3990-5055 or 090-1410-0237

◎FAX  : 075-382-0122

◎Email   : chairman@japan-icd.org

◎郵便 : 〒615-8195 京都市西京区川島権田町37-1リジョイス桂102号
     NPO法人 日本ICDの会 本部事務局 

その他、ご質問等につきましては何なりと上記連絡先までお問い合わせください。よろしくお願い申し上げます。また、弊法人のご案内、入会申込書のPDFにつきましては、こちらよりダウンロードできますのでご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA