がん終末期における植込み型除細動器停止にどう対応するか

気になるHPを目にしました。日本緩和医療学会誌に書かれている内容です。

(筑波メディカルセンター病院緩和医療科)
緩和ケア病棟での5例の植込み型除細動器を有するがん終末期の患者に、ICD停止について家族本人との話し合いなど興味深い内容です。
これから増える終末期のICDをどうするのか、難しい内容が垣間見れます。
デジタル記事は
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspm/12/3/12_553/_html/-char/ja/

藤田竹思良

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です